よくある質問と回答

トップ > サポートトップ > よくある質問と回答 > 7. 電子入札コアシステムについて > 「Java(TM)は、最新のものではなく更新が必要なためブロックされました」が表示されます。どうすればよいですか。

7. 電子入札コアシステムについて(7-189)

「Java(TM)は、最新のものではなく更新が必要なためブロックされました」と表示されます。どうすればよいですか。

activex

■■原因■■
Microsoft社が2014年8月13 日に公開したInternet Explorer用更新プログラムにより、古いバージョンのJava ActiveXコントロールをブロックする機能が2014年9月10日から有効となったためです。

電子入札システムへ接続できない事象は、下記のご確認をお願いします。

■確認1■ Javaのアップデートを行わないでください。
Javaのアップデートを行ってしまった場合はこちらをご参照ください。

■確認2■ Internet Explorerの「信頼済みサイト」にご利用の電子入札システムURLの登録を行ってください。
①Internet Explorerを起動し、メニューバーの「ツール」⇒「インターネットオプション」を
 クリックします。
②「セキュリティ」タブをクリックします。
③「信頼済みサイト」をクリックし「サイト」ボタンをクリックします。
④「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https)を必要とする」のチェックを
 外します。
⑤「このWEBサイトをゾーンに追加する」欄に、ご利用の電子入札システムの
 Javapolicy URLを入力し、「追加」ボタンをクリックします。
  ※Javapolicy URLはこちらをご参照ください。
⑥「閉じる」をクリックし、「OK」をクリックします。

■■ご注意■■
Javapolicy URL以外の登録も必要な電子入札システムがございます。上記を行っても、エラー表示が続く場合には、ご利用の電子入札システムのヘルプデスクに登録URLのご確認をお願いいたします。
  • 全てのカテゴリを表示する

電子入札コアシステムに関するFAQ

  • このページに関連するFAQを検索する
  • このFAQについて質問する
  • しおりを付ける
  • この画面を印刷する